ステイヤーズステークス2022【回顧】

みなさまのご協力で上位側のランキングではありますが、伸び悩んでいる現状です
ランキングアップがデータ作成の励みに繋がりますので、
みなさま、是非さらなるクリックのご協力をよろしくお願いいたします🙇

競馬ランキング

2022年12月1週目、推奨馬を投稿しましたステイヤーズステークスのレース回顧です。よろしくお願いいたします。

12月3日(土)中山11R ステイヤーズステークス

www.youtube.com

推奨馬:ディバインフォース(4番人気3着)

おかげさまでジャパンカップの不的中を引きずらず、連勝の後に連敗となることなく、推奨成功となる運の良い選択ができました🎉
また動画でも申しましたとおり、ステイヤーズステークスが血統チェックという形とした最初のレースですから、2年目を迎えてデータを蓄積してきたという意味での一発目、なんとか的中させたいと思っておりましたので良かったです😊
ひと月ほど前に残りのレースが全てハズレても年間プラスが確定している状態であることをブログで申しましたが、そこからさらにプラスを上積みでき、おかげさまで望外の状況となっています👀💦
いつも応援してくださるみなさま、ありがとうございます🙇
また、参考にしてくださった方がいらっしゃいましたら、重ねて感謝申し上げます🙇

レースは上位9頭、ディバインフォースとアイアンバローズ以外、ほぼラチ沿いを走ることができた馬でした。
そんな中、推奨馬としましたディバインフォースは道中もそれほどラチ沿いを走れず、外を捲る競馬で、しかも他の馬より1キロ重い斤量🏋️
Sadler’s Wells凱旋門賞血統を持つ馬のこの条件での強さを見せてくれたと思います💪
昨年に続き、今年もステイヤーズステークスに高い適性を示しました。来年のステイヤーズステークスに向けて、また1年間、この馬の旅路が始まっていくのでしょう👉

1着のシルヴァーソニックは注目血統にしましたオルフェーヴル産駒🥇
昨年、このレースで◎としていましたから、今回もこの馬を推奨馬としていればキレイだったかもしれません🤣
ただ、長期休養明け過ぎて狙い切れませんでした。レースはスタート直後、あっという間にラチ沿いへ。
そこから直線を迎えるまで全く動くことなく、最高の展開だったと思います。

2着のプリュムドールオルフェーヴルと4分の3が同じというゴールドシップ産駒。
母系がどうかなと思っていましたが、ジェネラスという重厚な血統を持ち、フレンチデピュティ天皇賞・春勝ち馬を出したことのある血統ですから、そこまで気にする必要は無かったということでしょう。
この馬も外枠ながらスタートして間もなく、ラチ沿いのほどほどの位置に。
そういうポジショニングが本当に上手な騎手ですね🏇

4着のアイアンバローズオルフェーヴル産駒。
内に潜り込めず、その分の負けと思います🏊
それで4着ですから評価できる内容で、条件が変われば今回のメンバーとは着順の逆転は大いにあるでしょう。

5着のメロディーレーンオルフェーヴル産駒でタイトルホルダーの姉。
この馬も速やかに内に潜り込める競馬ができ、最後は坂で伸びが止まりました。

6着のエドノフェリーチェゴールドシップ産駒。
ラチ沿いを走りたいがために大外枠から最後方に構えなければならなかった分の負けに見えました。

7着はベスビアナイトオルフェーヴル産駒、ゴールドシップ産駒たちの牙城が崩せませんでした😅
血統チェックで割と上位側に評価した馬が上位7頭を占めてくれましたから、昨年の3着以内独占以上になかなかの結果になったように思えています。

8着がユーキャンスマイル。斤量56キロでラチ沿いを走れたユーキャンスマイルですら5着以内に入れなかったということは今後の参考にすべきかもしれません🤔

9着にようやく1番人気のディアスティマ。ラチ沿いのマイペースで逃げて最高の展開に見えました📺
不利ではない展開でここまで沈んだとなりますと・・・ん~・・・何か見えないパワー😱でもあったんでしょうかねぇ・・・🤣

ところで今回の結果を受けて、来年のステイヤーズステークス以降、血統的な観点で相当言われるようになるであろうと思いますことが、上位6頭中5頭がオルフェーヴル産駒かゴールドシップ産駒だったことです😮
出走馬14頭のうち、オルフェーヴル産駒とゴールドシップ産駒は合わせて5頭で、その5頭が上位6頭までに入るというのは異常事態だと思いますし、さらにそのうち3頭が、今までのステイヤーズステークスで不利な傾向にある牝馬です😶
ラチ沿いを走れた馬が多かったのでは?とも考えられるかもしれませんが、それなら1番人気のディアスティマや3000m以上の重賞で実績のあるユーキャンスマイルもラチ沿いを走れていたわけですから、血統的な威力を思わずにはいられません。
昨年まで出走していたオルフェーヴル産駒6頭が凄まじい成績になっておりますことは血統チェック動画で述べたとおりですが、今回、オルフェーヴル産駒とゴールドシップ産駒で5頭、合計で延べ11頭の出走となり、そのうち10頭が人気より上の着順。9頭が5着以内。人気より下の着順になったのは外を回らされたアイアンバローズのみ。
こんなデータになっている血統はちょっと見かけません。さらに恐ろしい成績なりました👀💦
来年以降のステイヤーズステークスは、オルフェーヴル産駒無双、ゴールドシップ産駒無双。
そして、この血統で有利な位置を通れそうな馬。
馬券的な狙いは早くもこれで決まり!🕵でしょうか?😆
来年以降、相当言われそうになると思えると申しましたが、この結果を極端な血統傾向だ~!😍と、喜んでいるのは、結局ウチだけかもしれませんので、あしからず🤣

以上が今回の回顧になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

明日以降は下記の予定としておりますので、みなさま、よろしくお願いいたします🙇

  • 12月10日(土):阪神JF推奨馬(ブログ)
  • 12月11日(日):朝日杯FS血統チェック動画(YouTube
  • 12月12日(月):朝日杯FS回顧(ブログ)

www.youtube.com

YouTubeチャンネル登録していただきますと動画が更新された際、お知らせが届いて便利です😊お気軽にご登録ください♪

twitter.com

じわじわと皆さん、フォローしてくださっています。ありがとうございます😊

よろしければクリックお願いいたします🙇

競馬ランキング

チャンピオンズカップ2022【回顧】

みなさまのご協力で上位側のランキングではありますが、伸び悩んでいる現状です🥲
ランキングアップがデータ作成の励みに繋がりますので、みなさま、是非さらなるクリックのご協力をよろしくお願いいたします🙇

競馬ランキング
2022年12月1週目、推奨馬を投稿しましたチャンピオンズカップのレース回顧です。よろしくお願いいたします。

12月4日(日)中京11R チャンピオンズカップ

www.youtube.com

推奨馬:シャマル(7番人気5着)

ちょっと想定よりかなり重めの馬場になってしまい、人気よりがんばって走ってくれましたが、そのあたりが1800m以上の距離未経験のシャマルには最終的に少し厳しくなったような気がします😥
例年くらいの勝ち時計になる馬場だったら・・・とタラレバですが、参考にしてくださった方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません😢

中京ダート1800mになってから毎年、ヴァイスリージェント系からフレンチデピュティの血統を持つ馬が必ず1頭は馬券圏内に入っており、この血統を他の血統の追随を許さないかなりの注目血統としておりました。

で、今年は勝ち馬のジュンライトボルトが、連続馬券圏内の役割を果たしました😅
父もキングカメハメハで注目血統にしましたKingmamboまで持つ馬。今回、時計が掛かったことは大きなプラスだったように思いますし、そのことで左回りにおけるスムーズな加速の才能が存分に活きた。そういう印象です。
ちなみにその加速も抜け出す速さはありますが持続的ではないので、直線ギリギリまで前が開かなかったことで、より鮮やかな脚に見えるようになったと思います。

2着のクラウンプライドも注目血統Kingmamboを持ち、その血統を持つ馬で前走先行と期待値が高いパターンに合致し、データどおりという結果です🥺

3着のハピもこれがまたKingmamboを持つ馬。ただ強めには評価できませんでした。
この馬のレースでの立ち回りを鍛えてこられた陣営の努力が実られた3着と思います。
2着、3着ともに血統的には強調できる側の存在ではありましたが、3歳馬が2頭馬券圏内というのは、さすが例年より少しイレギュラーと考えておくべきでしょう🤔

衝撃の4着と言えるのでしょうか。テーオーケインズ。実はこの馬もデータ的には不安なA.P. Indyを持つ馬。
この馬ですら連覇を果たせず跳ね返された・・・というのは後になって言えるだけです🤣
直線でのスピードが優秀な馬ですから、それが活きづらい馬場になったこと。
そしてさすがに内から4頭目を回り続けたというのは、そのスピードを発揮するための脚を残すには辛い展開。
このあたりが凡走の大きな要因ではないでしょうか。

6着のサンライズホープには驚きました😮
1コーナーでは最後方。3コーナーから進出し、大外を振り回す競馬でここまで来たのは本当に追い込む競馬が合うのでしょう。
もし3コーナーから4コーナーで内を突く競馬ができる馬だったら再び大穴だったかもしれないと思わせられた内容です😵

7着のスマッシングハーツは意外と人気になった印象です。
スタートからずいぶん出して行こうとした感じで、本番で急に・・・とも思いますが、ハピも突然の先行で成功しましたから、やろうとしたアクションは間違っていなかったのかもしれないとも思えます🙄

8着のノットゥルノですが不良馬場のジャパンダートダービーを勝った馬。
例年くらいの馬場なら、他の3歳馬との差はもっと違っていたでしょう。

9着のオーヴェルニュはもっと上がりが掛かる展開でないと厳しくなってきています。
スタートが良かったので行くかな?と思いましたが。そのあたりは勿体ない印象を受けました。

2番人気で12着のグロリアムンディですが、注目血統にしましたKingmamboを持ち、内枠のムーアと強調材料がありますから迷った1頭です。ただ相当人気が上乗せされているうえで、そもそも宝塚記念から直行という謎のローテーション。
ちょっとさすがに狙えないという結論にしました。結果、この大敗となりますと、宝塚記念以降、「使わなかった」のではなく「使えなかった」というのが正しかった。そう解釈して良いような気がします😱

以上が今回の回顧になります📝

最後までご覧いただきありがとうございました🙇

本日21時ごろに、阪神JF血統チェック(YouTube動画)をUPしますので、みなさま、是非そちらもよろしくお願いいたします🙇

明日以降は下記の予定としておりますので、みなさま、よろしくお願いいたします🙇
12月5日(月):ステイヤーズS回顧(ブログ)
12月10日(土):阪神JF推奨馬(ブログ)
12月11日(日):朝日杯FS血統チェック動画(YouTube
12月12日(月):朝日杯FS回顧(ブログ)

チャンピオンズカップ2022【推奨馬】

おかげさまでランキングが上昇しています😊
さらにもっと上がっていければと思います🏇
ランキングアップがデータ作成の励みになりますので、みなさま、ぜひクリックのご協力をよろしくお願いいたします🙇

競馬ランキング

12月4日(日)中京11R チャンピオンズカップ

www.youtube.com

本日のステイヤーズステークス。思い出のレースということで、どうか良い結果をというところで◎ディヴァインフォースが他の馬より斤量が重い中、がんばってくれました💪
推奨馬を出しましたレースということで、また回顧を明日UPさせていただきたいと思います📝

では日曜日のGⅠチャンピオンズカップです。

土曜日も中京は雨が降りませんでしたが、どうやら引き続き天候は安定する見込み☀
土曜日の馬場状態をそれなりに踏まえられそうですので、勝ち時計は1分50秒フラットくらい⏰
昨年よりもほんの少し時計が掛かってくるのではと想定します。

それらを踏まえましての推奨馬🐴

◎は⑬シャマルです。

血統チェックで面白い存在としておりましたが、少し揉まれ弱そうに思えていましたので、外枠に入れたらな・・・と思っていたところでの外枠。人気もありませんから素直に狙います😊
スマートファルコンの母系にありますクラウンドプリンスは、昨年、先行して穴を開けたアナザートゥルースが持っていた血統で、母の父アグネスデジタルは2016年、先行して10番人気3着となったアスカノロマンの父。
さらにもうひとつ申しますと、2018年9番人気で逃げて4着に頑張った牝馬のアンジュデジールは、母系にアグネスデジタルの父であるCrafty Prospectorを持つ馬でした。
なお初の1800mは不安材料ではありますが、前走の内容からしますとそんなに問題でないような気がしますし、そういうところもあるからこそのこの人気。と、許容したい部分です。
そして騎手は乗り替わり初騎乗の川田騎手。
川須騎手からバトンを受けた思いもありますでしょうし、日本人騎手の大将として、そんなに何度も外国人騎手に内を突かれる競馬をさせてなるものか。といった内容を見せてもらえることを期待します🏇
馬券はこの人気であれば、いつものように複勝です。
テーオーケインズはまず難しいと思いますが、他の人気馬が崩れてくれる可能性は少しあるかな・・・という希望的観測は持っています🤣

あと、気になる馬としまして、そりゃそうだという1頭。

正直、昨年と同水準の馬場状態を想定したことで、⑫テーオーケインズの評価は一層下げづらくなりました😅
想定する馬場状態で、もし1分50秒を切る勝ち時計が出るとすれば、恐らくこの馬が伸び伸びと走り切れた場合しかないのではないかと考えています🤔

以上が今回の推奨馬になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

明日以降は下記の予定としておりますので、みなさま、よろしくお願いいたします🙇
12月4日(日):チャンピオンズカップステイヤーズS 回顧(ブログ)、阪神JF血統チェック動画(YouTube
12月10日(土):阪神JF推奨馬(ブログ)

www.youtube.com

YouTubeチャンネル登録していただきますと動画が更新された際、お知らせが届いて便利です😊お気軽にご登録ください♪

twitter.com

じわじわと皆さん、フォローしてくださっています。ありがとうございます😊

よろしければクリックお願いいたします🙇

競馬ランキング

ステイヤーズステークス2022【推奨馬】

おかげさまでランキングが上昇しています😊
さらにもっと上がっていければと思います🏇
ランキングアップがデータ作成の励みになりますので、みなさま、ぜひクリックのご協力をよろしくお願いいたします🙇

競馬ランキング

12月3日(土)中山11R ステイヤーズステークス

www.youtube.com

動画の方でも申しましたが、思い出のステイヤーズステークスということで推奨馬です🏇
開幕週で馬場状態の想定が難しいところですが、中山競馬場は週の後半、天候が安定しています☀
ステイヤーズステークスだけに例年の勝ち時計の振り幅は大きいものの、レースの上がり3ハロンで考えますと、過去15回はほとんど上がり35秒台後半~36秒台前半。上がり34秒台となったのは2009年のみです。
今年の前開催最終日のスプリンターズステークスの時計も例年と極端な違いは無かったため、今年も上がりが36秒、勝ち時計も3分46秒台から47秒台くらいになるのではないかと想定します⏰

それらを踏まえましての推奨馬。

◎は⑨ディバインフォースです。

①ディアスティマ、⑨ディバインフォース、⑬アイアンバローズ。この3頭は前走が京都大賞典ですが、この3頭とも、京都大賞典の内容はいかにも次、ステイヤーズステークスに使う。そんな1戦に見えました📺
ご存じのとおりステイヤーズステークスはリピーターが多いレースであり、陣営の方も当然、承知されていること📝
昨年の勝ち馬で、父がワークフォース、母の父がゼンノロブロイステイヤーズステークス以外でも結果が出ているような馬なら話は別ですが、そうではないプロセスになっている馬について、京都大賞典よりはステイヤーズステークスに重きを置かれているであろうと考えるのが自然でしょう。
そのうえで前走の京都大賞典では、デビュー以来、初めての上がり33秒台を記録
7歳直前でありながら、一段階、上積みがあるのかもしれません。
昨年のこのレース、内有利の馬場、遅いペースで前有利の展開を、後方から外を回って差し切り。過去のリピーターに劣らない、なかなかの適性を感じさせる内容でした。
血統も改めて言うまでもないことかもしれませんが、注目血統にしましたSadler’s Wellsを持ち、ステイヤーズステークスは全体的に凱旋門賞馬を持つ馬が好成績で、父が凱旋門賞ワークフォース。ディバインフォースは父の血統が強く出ていることの実績と考えます。
とにかく早い段階で追走に脚を使うと、ご機嫌を損ねているような実績ですから、最初はポツンと最後方でも良いので、馬の行く気、エンジンが温まるまではじっくりの追走とされることを、代打?初騎乗ですが戸崎騎手に願います🙇
馬券はアルバート級の人気馬でもない限り、ステイヤーズステークス自体、人気馬の複勝でもそれなりの配当になる傾向ですから、他の人気馬が少し崩れてくれることも期待しつつ、いつものように複勝とします。

以上が今回の推奨馬になります。

最後までご覧いただきありがとうございました🙇

明日以降は下記の予定としておりますので、みなさま、よろしくお願いいたします🙇

www.youtube.com

YouTubeチャンネル登録していただきますと動画が更新された際、お知らせが届いて便利です😊お気軽にご登録ください♪

twitter.com

じわじわと皆さん、フォローしてくださっています。ありがとうございます😊

よろしければクリックお願いいたします🙇

競馬ランキング

ジャパンカップ2022【回顧】

みなさまのご協力で上位側のランキングではありますが、伸び悩んでいる現状です
ランキングアップがデータ作成の励みに繋がりますので、
みなさま、是非さらなるクリックのご協力をよろしくお願いいたします🙇

競馬ランキング

2022年11月4週目、推奨馬を投稿しましたジャパンカップのレース回顧です。よろしくお願いいたします。

www.youtube.com

11月27日(日)東京12R ジャパンカップ

推奨馬:ダノンベルーガ(2番人気5着)

いやー今一度、この馬で馬券を的中させたいという思いが強くなり過ぎました🥺
個人的な応援の感情を乗せ込んでしまった推奨馬としてしまい、しっかり反省したいと思います⤵
参考にしてくださった方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません😢

推奨しましたダノンベルーガ。2週連続ダノンと行きたかったですが😅
ここまでの超スローとなり、内に入り込めるところは全く無し。
いくらか苦しい展開も想像していましたが、4頭目の外をずっと回らされる滅多に無い厳しい展開😨
本当にこんな最悪のポジションにそんなになることがあるのか・・・という気持ちでレースを見ていました。
レーティングで出走権を得たときは運が向いてきたのかな?と思いましたが、外枠、今回の展開。
そういう馬を推奨としたのは繰り返しになりますが、ただただ反省です。

1着のヴェラアズール。前走の末脚はGⅠでも馬券圏内になれる脚と思いましたが、差の無い3番人気では積極的には考えられませんでした。勝ち時計が2分23秒7で意外と時計が掛かったことももちろん良かったと思います。

2着のシャフリヤールは15番枠から頑張りました。
この馬も勝ち時計が2分23秒台後半になったことが良かった馬でしょう。
褒賞金を目指してジャパンカップでキッチリ上積みを見せた陣営の手腕に感服です😊

3着はヴェルトライゼンデ。この馬が展開面では最も恵まれた1頭ではないでしょうか。
上位2頭と同じように時計が掛かったことも良かったと思います。

4着のデアリングタクトはヴェラアズールのほぼ後ろで悪くない展開でした。
直線で挟まれなければ、もうひとつ上の着順はあったのではないでしょうか🤔
エリザベス女王杯の非根幹距離から根幹距離になって上積みを見せてくれました。
そしてタイトなローテーションながら無事に走り切って何よりです😌

例年、堅調な結果となる傾向のジャパンカップですが、今回も結局、なんだかんだで掲示板は上位人気5頭の決着となってしまいました。
外国馬につきましては今後にあまり関連性が無いので、個別の回顧はしませんが、今回は正直、多少のチャンスがありそうと想像していました。
これで掲示板に載る馬すらいなかった結果は、ますます今後、厳しいような気がします。

以上が今回の回顧になります。
最後までご覧いただきありがとうございました🙇

本日18時ごろに、チャンピオンズカップ血統チェック(YouTube動画)をUPします📺
サッカーワールドカップの前に、ご覧いただけたらと思います🤣
みなさま、是非よろしくお願いいたします🙇

www.youtube.com

YouTubeチャンネル登録していただきますと動画が更新された際、お知らせが届いて便利です😊お気軽にご登録ください♪

twitter.com

じわじわと皆さん、フォローしてくださっています。ありがとうございます😊

よろしければクリックお願いいたします🙇

競馬ランキング

ジャパンカップ2022【推奨馬】

おかげさまでランキングが上昇しています😊
さらにもっと上がっていければと思います🏇
ランキングアップがデータ作成の励みになりますので、みなさま、ぜひクリックのご協力をよろしくお願いいたします🙇

競馬ランキング

11月27日(日)東京12R ジャパンカップ

ジャパンカップ京阪杯最終12レースです。
みなさま、お間違えなく(と言いながら、自分に言い聞かせておりますパターンです(笑))。
今週はどうやらレース当日、日曜日の府中は天候が安定しそうです☀️
土曜日の午前中、少し雨が降るところも見受けられましたものの、水捌けの良い東京芝🌱
土曜日の午後の結果とユニコーンライオンがそれなりに行くであろうことから、遅くとも2分23秒台中盤より速いくらいの勝ち時計⏰
ペースによっては2分22秒台が出るのではないかと想定します。

それらを踏まえましての推奨馬。

◎は⑭ダノンベルーガです。

最近の推奨馬はハーツイストワール、ジェラルディーナ、ダノンザキッドと、おかげさまで3レース連続馬券圏内という結果🎯
完全に出来過ぎと思っております🙇
この流れで「今回の推奨は、この馬ダァァ~!」などと言わんばかりに、人気薄推奨が面白いかもしれませんが、繰り返しになりますが、最近の結果は本当におかげさまで運が良かったことによるものです🎉ので、今回も無闇に肩肘張らず、個人的に思う評価と人気とのバランスで素直に考えましたところ、この馬となりました。

注目血統にしましたハーツクライ産駒。そして母系には自身もドイツGⅠ馬であり、しかもドイツ生産の凱旋門賞Danedreamを輩出したLomitasを持っていますから、辛うじてドイツ関連のサイン馬券もフォローされていますことを念のため申しておきます🤣
と、それはそれとしまして、LomitasはNijinskyの系統。Nijinskyの系統を持っている日本の馬は、このレースで悪くない成績です。

また、
・前走が天皇賞・秋
・前走の上がり順位3位以内
・前走天皇賞・秋5着以内
・今回斤量55キロ以下
この条件を満たす馬は枠順に関わらず【5-1-0-1/7】という成績で、1回の2着は2010年1位入線降着ブエナビスタ
ここにジャパンカップが休み明け2戦目だったという条件を加え、ブエナビスタの結果を1着と受け止めると、なんと【6-0-0-0/6】!😮
ダノンベルーガは若干不利なイメージの外枠に入ってしまいましたが、実はこのデータに該当することから外枠に入っても狙いたいと思っておりましたところで、偶数馬番に入れたなら十分です。

天皇賞・秋が勝負だったのではないか。GⅠ未勝利馬にも関わらず上位人気だ。こういったところもありますが、それらは外枠に入ったことも含め、人気が下がってくれる要因になると、とらえさせていただきいと思います。

そしてそして、他にもたくさんの推奨理由があるのですが、何よりの最大の推奨理由は・・・!

この馬がちょっと好きなんですよね・・・

と、冗談半分、本気半分🤣

レーティングで巡ってきた出走権。
左回りで大きな賞金を獲得できる今年、最後のチャンス。
今後、予定どおり出走していける十分な賞金を獲得できるよう頑張ってもらいたいですし、たまには、こういった気分も少し乗せた推奨馬とさせていただきます(笑)。

馬券は先に申しましたように外枠に入ったこと等、人気が下がる要因がありそうなうえで、内枠の馬が人気を吸収してくれそう。
今回は内枠の外国馬も評価されており、極端な人気の集中はなさそうですから、1.5倍ついたら十分という観点で、いつもように複勝とします。
ジャパンカップまでの勝ち?(笑)の上積み、あるいは京阪杯への資金稼ぎになってくれることを願います。

ちなみにダービーの4着までがその年のうちに全馬GⅠ馬になるのは史上初。みたいな記録が後で示されることになることも期待しています(そういう記録があるのか調べていませんが😅)。

あと、気になる馬としまして、

⑧デアリングタクトです。
完全にシャフリヤール、ダノンベルーガの2頭から少し離れたくらいの3番人気と考えていましたので、血統チェックの段階ではあまり評価を上げなかったのですが、この枠順の並びにも関わらず、しかも斤量が軽い牝馬が優秀な傾向にある中で、三冠牝馬が5番人気ということなら、ずいぶんと話が違ってくる感じがします🧐
この人気はここ2走の負け方と中1週、そして大きなケガから完全なカムバックを見せた馬がいないという影響でしょうか。
血統的には注目血統とするか迷いましたシーザリオを持っており、この血統を持つ馬で前走から斤量減だった馬は3頭走って3頭とも馬券圏内🏇
確かにもう2年前にはなりますがジャパンカップでアーモンドアイより速い上がりを記録しており、3走前の宝塚記念は内有利の中、外から差し込んで3着。
好きな馬どうこうということは無かったのですが、大きなケガからカムバックして、そのうえでタイトな使われ方になり、恐らくこの中1週での出走は、デアリングタクトが大敗してしまうと陣営の方々は何かしら言われてしまいそう。
そんなことを背負って走ると思うと、すごく健気に思えてきました😢

で、もう1頭⑫シャドウディーヴァ。何を言ってるんだ?と思われるかもしれません😥
もし、そのように思われましたら正しいご意見と存じます😅
東京芝2000m新馬戦の全レースで過去最速の上がりを記録しているのはダノンベルーガではなくシャドウディーヴァなんです。と、ダノンベルーガ共同通信杯の際に紹介しましたことはさておきまして(笑)。
注目血統にしましたハーツクライを持ちながらの超人気薄。昨年のこのレースは先行策となりましたが、今年はさすがに後ろから行くでしょう。
そういった点に上積みが現れないか微かな可能性を期待します。
デアリングタクトが乗り替わりとなってしまった松山騎手の無欲の一発。
え?結構伸びてきてる?と思えるような場面を一瞬でも見せてくれれば、気持ち的には十分です😊

そして評価内容は長くなり過ぎますので割愛しますが、シャドウディーヴァと同水準くらいに思っている存在として、上位人気馬及び外国馬よりも、⑱ボッケリーニ、⑩ハーツイストワール、⑪カラテ。
このあたりに⑮シャフリヤールを絡め、ダノンベルーガからデアリングタクトを中心とした3連系馬券も少し狙ってみたいと思っています。

以上が今回の推奨馬になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

明日以降は下記の予定としておりますので、みなさま、よろしくお願いいたします
11月27日(日):ジャパンカップ回顧(ブログ)、チャンピオンズカップ血統チェック動画(YouTube
11月29日(火):ステイヤーズステークス血統チェック動画(YouTube

www.youtube.com

YouTubeチャンネル登録していただきますと動画が更新された際、お知らせが届いて便利です😊お気軽にご登録ください♪

twitter.com

じわじわと皆さん、フォローしてくださっています。ありがとうございます😊

よろしければクリックお願いいたします🙇

競馬ランキング

京阪杯2022【注目血統】

みなさまのご協力で上位側のランキングではありますが、伸び悩んでいる現状です🥲
ランキングアップがデータ作成の励みに繋がりますので、みなさま、是非さらなるクリックのご協力をよろしくお願いいたします🙇

競馬ランキング

視聴者様から京阪杯の見解について、ご要望をいただくことができました📝いつもありがとうございます🙇
ただ、ちょっと時間が割けませんでしたので、だいぶ大まかな内容ではありますが、特徴的と思えたところを述べさせていただきたいと思います。

データは2007年から2019年まで京都で行われた過去13回と、2020年、2021年の阪神開催の2回を、それぞれ分けて集計し、検証しております。
いずれも基本的に4代内に持つ血統となります。

Storm BirdStorm Cat【8-1-2-32/44】

  • 勝率:18.2%
  • 連対率:20.5%
  • 複勝率:25.0%
  • 単勝回収率:207%
  • 複勝回収率:90%

上記の数字は過去15回を全て合計したものですが、内訳的には京都で6勝、そして阪神では2連勝です。
4代内の血統を集計しますと、当たり前?ではあるのですが、馬券圏内に入った馬が持っていた血統はSS、Northern DancerMr. Prospectorの3つが多く、それ以外は4番目にどの血統が好成績か。ということが大半なのですが、京阪杯におけるStorm BirdStorm CatはSS、Mr. Prospectorを上回り、Northern Dancerに次いで勝利数が2番目となっており、集計して最初に見た瞬間は、少しギョッとしました😲💦
ロードカナロアが母系に持っている血統でもあり、それだけスプリント能力が相対的にあるということだろうと思いますし、また秋のGⅠシーズンで、スワンSやマイルCS阪神Cの狭間に京阪杯が位置していることも、この血統の台頭にいくらか影響しているのではないかと想像します。

父の血統にサンデーサイレンスを持っていた馬(近5年)【0-2-1-34/37】

  • 勝率:0.0%
  • 連対率:5.4%
  • 複勝率:8.1%
  • 単勝回収率:0%
  • 複勝回収率:34%

そして、もうひとつ大きく気になる血統傾向が、前述のStorm BirdStorm CatがSSを上回っている逆転現象のとおり、SSを父の血統に持つ馬が不振であること。
母系にSSを持っていた馬は、むしろ悪くない成績なのですが、父の血統に持っていた馬は特に最近の5年間は成績が下降し未勝利です⤵
京都開催に戻れば多少、父の血統にSSを持つ馬が良い場面が増えることも想像しますが、2021年の阪神では母系にSSを持っていた馬がワンツーの一方、父の血統にSSを持つ馬は8頭いて、7頭が9着から15着。
つまり16頭立てで半分の8頭がその血統ながら、1着から8着までに入ったのは1頭で、他の7頭で最下位以外の9着以下を占めたという結果😱
今年の馬場はどちらかと言えば2020年よりも2021年に近い推移のように思いますので、母系にSSを持つ馬が良いかもしれません。

また補足的になりますが、父の血統にSSを持つ馬が不振の中、ノーザンテーストや欧州型のNorthern Dancer系を持つ馬は京都開催のときでも人気より上の着順になる確率が高い傾向にありましたが、阪神開催のここ2年、その数字が上昇しています。これは菊花賞エリザベス女王杯でも見られた現象🔭ですので、注目しておいた方が良い血統のように思います🔍

以上から今回の出走馬では父がロードカナロアStorm BirdStorm Catを持ち、母の父がディープインパクト。さらには母系に欧州型Northern Dancer系のNijinskyという血統構成で、力のいる洋芝でも自SS系のあるジュビリーヘッド。
前走スプリンターズステークスの内容が良く、父が阪神でさらに勝ち星を伸ばしたStorm BirdStorm Catの系統であるマリアズハート。
あと上位人気ではありますが、ノーザンテーストSadler’s Wellsを持ち、2021年2着のタイセイビジョンと同じく母の父がスペシャルウィークのトウシンマカオなどが血統的に評価したい馬になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

明日、11月26日(土)以降は下記のUP予定としておりますので、みなさま、どうぞよろしくお願いいたします🙇

www.youtube.com

YouTubeチャンネル登録していただきますと動画が更新された際、お知らせが届いて便利です😊お気軽にご登録ください♪

twitter.com

じわじわと皆さん、フォローしてくださっています。ありがとうございます😊

よろしければクリックお願いいたします🙇

競馬ランキング